2020年5月21日木曜日

タワー型MacProの「バックアップ用の電池」交換

先日から、急に再起動を繰り返すようになり下記の方法を試す。

1.PRAMクリア「Mac の電源を入れ、「option」「command」「P」「R」の4つのキーを同時に押し2回、起動音が鳴った時点でキーを放す」
2.SMC リセット「Macをシステム終了してから電源ボタンを10秒間長押し、指を放す。数秒待ってから、電源ボタンを押す。」

それでも、再起動を繰り返したので、「バックアップ用の電池」がMacProにはあるようだ、ということで一度も換えていなかった「バックアップ用の電池」を交換してみた。


赤い部分が「バックアップ用の電池」


「バックアップ用の電池」を交換出来ないので、グラフィックボードを取り外す。


「バックアップ用の電池」を外したところ。かなり固い!


調べてから購入し、外してから気がついた。
交換したのは「CR2032」で、外したのは「BR2032」?


新しい「CR2032」に交換した状態。

交換後、一週間の間いきなりの「再起動」はなかったので、これが原因だったかな・・・。

2020年5月19日火曜日

Windows 10 画面拡大・縮小

セミナーなどで「Windows 10で画面拡大・縮小」をしているのを見て
調べてみました。
一般的に有名な機能なのか、webなどに記載されていました。
忘れない内にメモとして書いておきます。

windowsキー+「+キー」 拡大鏡の起動


続けて
・windowsキー+「+キー」拡大
・windowsキー+「-キー」縮小
・マウスだけでも拡大・縮小が可能「+、−」をマウスでクリック
※拡大・縮小の範囲は、100〜1600%

表示から拡大タイプが選択できます。
・全画面表示
・レンズ
・固定

※歯車のマークをクリックすると設定が呼び出せます。



拡大鏡の終了は、windowsキー+「escキー」 

※今回試したのは、Boot Camp で起動した「windows 10」です。
 「Macのcommandキー」でwindowsキーの替わりとして使用可能です。

2020年4月18日土曜日

「デジタル一眼レフカメラ」をWebカメラにする方法



PC(Mac)に付いているカメラでは、写りがイマイチだし、位置が固定されているので、「デジタル一眼レフカメラ」の接続に挑戦してみました。

一般的に「デジタル一眼レフカメラ」は、HDMIケーブルをそのまま接続しても映像を「Webカメラ」のようにPCに表示しないようで、変換アダプタを購入すればHDMI接続で可能なようですが、コストが発生するため断念。

コスト削減のためいろいろと探ってみると、USB接続で2つのソフトをインストールすることで可能な事が分かりました。早速テスト。

※ダウンロード先をリンクしました。
1.「Camera Live」をインストール
 (13 (Alpha)を使用:macOS 10.12以降が対象)
2.「CamTwist 3.4.3」をインストール
 (古いバージョンだと後で説明の部分が表示されなかった)
3.「デジタル一眼レフカメラ」とMacをUSBケーブルでつなぐ
4.「Camera Live」を起動すると接続済みのカメラ名が表示され、機種名を選択するReadyの表示になる


5.次に「CamTwist 3.4.3」を起動し、
・Select a video source : Syphonを選択
・Select asome effects : ASCII Artを選択
・Selectをクリック
・Syphon Server : Camera Liveを選択


6.Skypeなどでカメラテストをすると、「デジタル一眼レフカメラ」からの映像が表示される


機材、ソフトなど


・カメラ:Canon EOS 6D(EOS系はほとんど可能のようです)
・PC:MacBook Air(macOS10.14.5)
・ケーブル:USB A-micro USB、USB A-USB C(Apple純正ケーブル)
・ソフト:Camera Live、CamTwist_3.4.3
・確認用ソフト:QuickTime Player、Skypeなど

※ブログ内容の正確性の保証はありません。お試しされる場合は、自己責任にてお願いします。

2020年3月24日火曜日

「PDFファイル」にノンブルを追加(Acrobat DC)


ⒶPDFを編集をクリック


Ⓑフォント、サイズ設定
Ⓒ余白(上下左右)設定
Ⓓノンブルを配置したい場所に、Ⓔ「ページ番号を挿入」をクリック
(6か所までノンブルを配置できる)
「 <<1>> 」に「-」を追加「- <<1>> -」とすると「-  1 -」となる


Ⓕ「ページ番号と日付の書式」表示のバリエーションを選べる


Ⓖ「ページ範囲オプション」


Ⓗ完成(6か所まで好きな場所に追加可能)

Acrobat DCを使用してノンブルを追加してみました。

2019年11月12日火曜日

Illustrator 2020の「アセットの書き出し」


Illustrator 2020で「アセットの書き出し」の仕様が修正されました。
画像にマスクをかけ、「アセットの書き出しパネル」にドラッグして書き出すと、フチがない画像として思ったとおりに書き出されます。
やっと実務に使用できそうです。
但し、パネル上では、以前と同じくフチが付いたままの表示になっています。

2019年7月11日木曜日

Windowsで見えて、Macで見えないファイル

USBメモリに入ったデータを預かったのだが
Macで見ると、入っているはずの「データ」が表示されない。
(USBメモリはキチンとマウントする。)
Windowsで再確認すると、データは見える。

結果わかったこと:ファイル名に濁点などがある場合、「結合文字列」になっている場合があり、見ただけでは判断ができない。
1文字ではなく、2文字で1つになっている文字がMacでは、認識できないようです。

解決方法:ファイル名の濁点などを削除する。もしくは変更する。

※ファイル名を変更するだけで、Macでもファイルが表示されるようになりました。

2019年6月28日金曜日

Eメール「◯数字の文字バケ」

WindowsからMacへのメールの場合、たまに文字バケがおこり順番確認のため表を確認していました。
◯数字の文字バケが、まだまだ残っているようなので確認用に対応表をのせておきたいと思います。